転職活動が上司にバレて、有給取得を拒否された場合の対処方法

済_転職活動が上司にバレて、有給取得を拒否された場合の対処方法

有給をうまく使って在職中に転職活動したいけど上司に言いづらいってありますよね。こっそり転職活動しているのを上司にバレて有給取得を拒否された場合の対処方法について紹介します。

転職活動がバレて、有給取得を拒否された場合の対策

もう、今の会社に未練がないのなら、上司にはっきりと「私事の為」に有給の申請と言えばいいです。私の苦い経験だと、上司や周りの同僚に「変」に気を使ってしまい、1ヶ月ぐらいたまっている有給をムダにしてしまった事があります。

私の場合だと、上司に有給を取得したいと申し出ても認められませんでした。それならば「有給の買い取りをしてほしい」と、伝えても法律上できないと言われた事があります。(後で調べたのですが、法律上有給買い取りは違反ではありません)退職してから後悔しても、有給を戻ってきません。

労働基準法では、有給取得は?

会社側は、有給申請を拒否する事はできません

労働基準法では年次有給休暇の計画的付与制度が設けられています。(労働基準法第39条第5項)
会社は労働者が有給休暇を完全に取得することを前提として、人員を配置しておかなければいけないとあります。

有給休暇は、請求時期や利用目的について一切の制限がされていません。よって付与された有給休暇をいつどのような目的に利用するのも自由です。

長年お世話になった会社にキズを残して有給取得を強行突破

よく退職する時は円満にと言われていますが、これは会社側の論理によって主張されているだけです。今、勤めている会社がブラック企業(労働基準法を守っていない)の場合、堂々と有給取得をした方が良いです。

上司の言うとおりにしないと、退職日まで気まずいとか思ってしまう事もあると思います。そんなの関係なく世の中にはたくさんの会社があります。一つの会社での出来事なんて全然関係ないんです。それよりも、今後の自分の為に有給を取得して少しでも多くの給料が入るように有給を取得すればいいです。

一人の人間として、今の会社よりも「もっと自分を磨いていける会社に転職するぞ」ってぐらいの気持ちが欲しいと思いますね。

「有給ってどれぐらいたまっているのか?」確認する方法

「有給が何日残っているか?」は、会社の総務に聞くか、就業規則を見ればわかります。

年次有給休暇は、雇入れ日から6カ月間継続勤務し、その間の全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、最低10日を付与しなければなりません。
その後は、継続勤務年数1年ごとに一定日数を加算した日数となりますが、一般の労働者の場合は次のとおりとなります。

雇われた日からの勤続期間 付与される休暇の日数
6カ月 10日
1年6カ月 11日
2年6カ月 12日
3年6カ月 14日
4年6カ月 16日
5年6カ月 18日
6年6カ月 20日

在職中に転職活動している事をバレないようにする方法

在職中に転職活動している事は、同僚とかつい酒の席で言ったりする人が多いと聞きます。
「上司にバレなければ問題ない」と思っていると、痛い目をみます。
同僚や会社の人には、いっさい口外しない事です。

また現代では、SMS(Facebookやtwitter)から転職活動しているのがバレたという事例があります。
転職先が決まって退職願いを出すまでは、自分の心の中に転職活動の事はしまっておきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*