逃げの転職と考えてしまって、前に進めない場合に考えるべき事

逃げの転職と考えてしまって、前に進めない場合に考えるべき事

転職をする理由というのは、人によって様々です。
人間関係が良くない・給料が仕事に見合った金額ではない・他の仕事に挑戦してみたい等色々あると思います。

転職することが何だか、自分の中で「逃げの転職なのか?」って思ってしまうことないでしょうか?

新卒で入って3年経過したが、仕事が自分に合わず人間関係も嫌になったので転職したい

新卒で入社し何とか3年頑張ってきたが、もう限界!
「転職したい、でもこれって逃げじゃないのか?」って思いつめているアナタ、それは逃げではないです。3年経って今の心情であるならば、転職するべきです。

人間には感情があります。

機械じゃないので、時には逃げの転職も良いと思います。世の中には、たくさんの会社があり、会社によって企業体質も様々です。一つ会社が全てではありません。

しかし、最低3年というのが世間の目安です。転職時において在職期間が短い人は、マイナスの印象を持たれてしまいます。ですが、自分の中で転職する理由が前向きな理由であるならば、2年ぐらいあっても転職はできます。すぐに辞める人は、イヤな事があったら我慢できずにすぐに辞めてしまうと企業側は考えていますので、最低2年は一つの会社に働くことが重要です。

自分が出来る事もせず、単なる「逃げの転職」は良くない。

仕事の語源には、「ハタヲラクニスル」とあります。自分の仕事がハタを楽にしているでしょうか?

ハタとは、そばにいるヒト。例えば、同僚であったり、上司。その同僚や上司の役にたちたいと、自分が思っているかです。 自分の事だけ考えているから、人間関係が悪く職場にいずらいかもしれません。

以前、雑誌のアンケートで見たことがあるんですが、給料が低く困難で仕事であっても、人間関係さえ良ければ転職を考える人は少ないというのを見たことがあります。

会社員のお客様は、上司である。

仕事の先には、必ずヒトがいます。そのヒトの役にたった結果として、お金をもらっています。会社員だと、上司が自分のお客様になります。その上司の負担を軽減できるように、少しでも働きかける気持ちが大切だと思います。

そういう気持ちで働き、それでも転職が自分の心の中で浮かぶようであるならば、それは、「逃げの転職」ではありません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*