エージェント会社、初面談「気軽な服装でお越しください」と言われて私服で行きますか

エージェント会社、初面談「気軽な服装でお越しください」と言われて私服で行きますか

エージェント会社の面談、「気軽な恰好でお越しください」と言われて私服で行きますか?

webから転職エージェント会社に登録したら、電話がかかってきて「面談いつにしますか?」って聞かれます。

いざ、面談日の服装ですが「気軽な恰好でお越しください」とエージェントの方に言われます。

どの服装であなたは面談に行きますか?

  • スーツ
  • オフィスカジュアル(ジャケット+襟付きシャツ+チノパン+革靴)?
  • 私服

エージェント会社の面談で着ていく服装は?

女性_カジュアル
男子_カジュアル


結論から言うと、私服以外の「スーツ」・「オフィスカジュアル(ジャケット+襟付きシャツ+チノパン+革靴)」で行くのが良いかと思います。プロの営業マンは、じぶんを相手に売るつまり、相手に気に入ってもらう事を最優先に考えています。良好な関係が、その後のビジネスの成功に繋がるのは必然です。

「第一印象の良し悪しが、その後の関係を左右する─」という言葉があります。 転職においても自分をいかに売り込むかが重要です。 エージェント会社の面談が、転職者とキャリアアドバイザーが初めて出会う場所なので、服装には気をつける必要があります。

エージェント会社と転職希望者の関係について

「気軽な恰好でお越しください」という言葉の裏を考えてみましょう。

エージェント会社にとって、転職者はお客様なので服装を指定する事はお客様を取り逃がす事に繋がります。 エージェント会社間で転職希望者のいかに集めるか、競争はかなり激化しています。

つまり、エージェント会社は一人でも多く登録者を集めたいと思惑があります。 転職希望者は、手軽に登録できればという気持ちがあります。 この両方を考えてみると、転職希望者は「お客様なのだから別に私服でもいいのではないか?」という考えになります。

しかし、転職という人生の最重要な選択において、安易に自分はお客様だから私服でと考えるのはあまりオススメしません

転職活動は、エージェント会社の面談からスタート

転職成功には、キャリアアドバイザーとの関係が重要になってきます。

第一印象を良くする事は、転職活動を円滑に進めることに繋がります。 「気軽な恰好でお越しください」は、スーツ、オフィスカジュアル(ジャケット+襟付きシャツ+チノパン+革靴)どちらかにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*