資格を取得してから転職それとも、いますぐ転職活動するべきか

資格取得してから転職それともいますぐ転職活動

私の友人のk君なんですが、在職中でもうすぐ会社を辞めようとしています。k君が相談を受けました。

  • 資格を取得してから転職活動をするべきか?
  • それともいますぐした方が良いのか?

その資格はと言うと、日商簿記検定2級。試験まで後3ヶ月、前に1回試験に受けていて2回目なので、次は受かる自信があるとの事。この場合だと、日商簿記検定2級に受かってから転職活動した方が良いんじゃないって私は思いました。

その友人が言うには、32才ということもあり、なるだけ早く転職活動した方がいいと思ってるみたいです。

経理の転職において、資格は必要なのか?

経理から経理への転職なので、最低限日商簿記検定2級は取っておいた方がいいと思います。実務経験者であるならば資格はほとんど見ない所も多いようですが、転職活動でライバルに差をつけるならばあった方が良いです。

同じような経歴で、比較された時に相手側に資格があるって事で負けたりする事もあります。

日商簿記検定2級って難しいの?合格の為の勉強時間は?

日商簿記検定2級って、そんなに難しい資格でもないですし、勉強時間として180時間もすれば十分、合格点を取る事は可能です。

専門学校に行って勉強する方も多いようですが、講座と教材代で約10万もするのであまりオススメできません。本屋に売っている専門学校が出しているテキストと問題集だけで合格できます。

独学で不安であれば、試験日の1ヶ月前ぐらいに専門学校が模試をやっているので、参加するのも良いと思います。

会社を既に退職されて今現在、転職活動中ならば資格取得よりも転職活動を優先

高難易度の資格であれば、集中して勉強し合格してから転職活動でも良いと思います。しかし、日商簿記検定2級の難易度の資格の場合は、資格よりも転職活動に取り組んだ方が良いです。

離職期間が長引く事の方が、マイナスになります。だいたい、退職してから3ヶ月以内が転職しやすいと言われています。企業側にも、3ヶ月以内であれば、離職期間について言及されて事は無いです。

すぐに転職活動か?それとも資格を取ってからか?のまとめ

在職中の場合は資格を取ってからで、退職している方は転職活動を優先した方がいいです。

資格って、学生の時や在職中の時に取るもんです基本的に。
特に、経理においては実務経験が何よりも見られる点ですので、より多くの実務経験を在職中に経験しておくべきです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*