(経理経験者が語る)経理の転職を成功させるために必要な事とは

経理の転職成功させるのに必要な事

転職で必要な事は、自分が経理のどこの部分ができるのかを具体的に言語化することです。自分の経理の職歴が、どのレベルのものか箇条書きで書きだしてみるのが良いと思います。経理業務といっても、かなり幅があります。

たとえば、

・各部署から上がってくる領収書から伝票作成

・請求書発行

・定例支払の為のパソコンバンクを使っての振込処理

・小切手・手形の発行

・月締め

・決算締め

中小企業の経理業務は、一人で一社を担当で決算締めまでする事が多い

中小企業でよくあるのが、一人でグループ会社の1社を日常業務から決算の締めまでやる事です。私の場合も、入社1年目は、グループ会社の1社を担当し決算の締めまでやってました。

一つの会社を3年間担当すれば経理の年間の流れを把握し、自分一人で大抵の事はできるようになります。このような経験は、転職する時の武器となります。

今、在職中の方は自分が今、経理のどの部分を担当していて何が自分にできるのか一度、箇条書きに紙に書き出してみてください。

大企業の経理業務は、一つの経理業務に特化する事が多い

一方、大企業で経理業務に携わっている方に多いのが、経理の一部分に特化して仕事をされている方が多いです。例えば、売掛金、買掛金の消し込み業務や、固定資産の購入・売却・減価償却に関わる業務です。

どちらの経験が良いというのは、一概には言えませんが、上場企業経理を経験している人は転職時、評価は高いです。

つぶしがきくという事では、一人で経理の日常業務から決算締め、さらに高いレベルで言えば、連結財務諸表、法人税還付表、有価証券報告書の作成ができれば、高い年収で転職できる可能性が高まります。

経理で年収アップの転職を成功させるために必要な事とは

経理の転職を成功できる可能性を高める為には、在職の方だと新たな経理業務の経験、経理に関連する資格取得が良いでしょう。

会社を辞めて転職活動中の方であれば、

    自分の職務経験を自分の口でまとめて簡潔に話せるようになる

    履歴書・職務経験書の今の書き方で間違いがないか確認

    経理業務に関する資格取得の勉強

自分の職務経験を簡潔に話せるようになる事は、必須です。なぜなら、職務経歴書の自己アピールや面接で必ず自分のしてきた事を話す必要が出てくるからです。

自分の言葉で、自分のしてきた業務経験を話せないと経験していないような印象を持たれる可能性があります。例え、経験していない業務経験であっても、転職においては経験しているかの様に面接官に伝えるべきです。 経験していない業務おいては、採用になったら自分で勉強してキャッチアップするぐらいの気持ちが必要です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*