転職支援サービスや経理の転職サイト利用して本当に転職できるのか?

転職支援サービス_転職サイト利用_本当に転職できる

「転職支援サービスや転職サイトで本当に転職できるの?」って疑問に感じる方も多いと思います。転職活動の仕方として、転職支援サービスや転職サイトを利用するのがスタンダードとなっています。

昔とかであれば、ハローワークで転職活動やハイスペックな方であれば、取引先からの引き抜きもありました。

現在は、職歴の浅い方やハイスペックではない普通の方も
転職エージェント会社の転職支援サービスや転職サイトを利用して転職
しています。

「どの転職支援サービス」、「転職サイトを利用するか」
この選択によって転職成功にかかる時間は大幅に変わってきます。

では、どの転職エージェント会社を登録したらいいのか?
それは、自分が希望する職種に強いエージェント会社を選択することです。

そもそも転職支援サービスと転職サイトって何が違うのって疑問が湧いてきます。

転職支援サービスと転職サイトって何が違うの?

転職支援サービスは、転職エージェント会社に登録してキャリアコンサルタントと面談をし、求職者の希望に沿った求人の紹介してくれます。

一方、転職サイトは自分で求人に直接応募するので、人をまったく介さない形となります。 キャリアコンサルタントと会って転職活動するのなんて、めんどうと思う方は転職サイトに、登録して転職活動したらいいと思います。

自分に合った転職活動するのがベストです。 離職中で転職成功を早期に実現したい方もいれば、まだ在職中で転職先の会社をじっくり吟味したい方もいます。

離職中で転職成功を早に実現したい方の転職活動とは?

早期に転職成功をしたいのであれば、たくさん求人情報収集するべきです。 そのためには、転職サイトとエージェント会社2社に登録をオススメします。

転職サイトは「リクナビNEXT」 転職エージェント会社は、

  • 「JACリクルートメント」
  • 「DODA(デューダ)」
  • 「リクルートエージェント」

まだ在職中なので、じっくり転職活動を行い方の転職活動とは?

在職中でいますぐ転職とはいかないが、将来転職したい方は転職サイトとエージェント会社1社の登録をオススメします。転職サイトは「リクナビNEXT」、転職エージェント会社は、JACリクルートメント、DODA(デューダ)、リクルートエージェントの内のどれかで良いと思います。

基本的に転職支援サービスは、キャリアコンサルタントと二人三脚で転職活動をします。エージェント会社の選択では、上記のエージェントで問題ないでしょう。後は、キャリアコンサルタントとの相性で考えると良いです。自分が転職活動で悩んだ時に、話しやすいキャリアコンサルタントが自分の担当なのかが重要です。

転職サイトは、「リクナビNEXT」で決まりです。他にも転職サイトであれば、DODA(デューダ)等ありますが、「選択と集中」が重要になってきます。たくさん登録すればその分意識が分散してしまい、膨大な時間をかけてしまう事になります。

転職サイトの大手「リクナビNEXT」の実力とは?

リクナビNEXTは、約8万件(業界最大級)の求人転職成功実績約30万と転職サイトです。2015年3月のオファー総数5,591,129通登録者数2,522,746人と転職したい方の大半が、登録している有名なサイトとなっています。

スカウト機能というのが有り、自分の職務経歴や転職希望条件を匿名で登録しておくと、あなたに興味を持った求人企業や転職エージェントからオファーが届きます。

職務経歴を登録しておけば、サイトに掲載されていないスカウトオファーの、求人の提案があったりします。転職の可能性が広げたい方にオススメです。

転職支援サービスや転職サイト利用で転職できるか?のまとめ

転職活動短縮の為には、エージェント会社・転職サイトの選択が重要になってきます。

転職エージェント会社の選択の次は、自分が話しやすいキャリアコンサルタントとの出会いが大切です。これは、ある意味「運」の要素ですので、厳選した複数の転職エージェントに登録して自分に合うキャリアコンサルタントを見つける事です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*