リクルートエージェントの経理求人を具体的に調べてみました。

リクルートエージェントおすすめ

リクルートエージェントのホームページ上で公開されている経理求人を調べてみました。 18/10/19時点で308件の経理求人が公開されていました。登録しないと非公開求人は見れないみたいです。

リクルートエージェントのWEB上の公開経理求人について

下記の求人は、リクルートエージェントの求人一覧から個人的に抜粋した分です。

マツダの経理求人

自動車会社で有名なマ◯ダの経理求人です。必要な経験には、英語力のある・数値の分析となっていますので、経理事務のような伝票作成ではなく計数管理のような業務だと考えられます。

福井コンピュータホールディングス経理求人

CADでNO1のシェアの経理部長候補の求人です。必要な経験には、公認会計士の資格、公認会計士科目合格者、上場企業での監査経験者となっています。このような業界でNO1のシェアの会社だと倒産のリスクが少なく年収テーブルも高いのでオススメですね。

セコム経理求人

セキュリティといえば、セ◯ムの経理求人です。連結決算の作成業務があると書いてます。必要な経験は日商簿記2級資格者、又は同等のスキルと求められている経験のハードルは低いです。こういう求人は、たいした実務経験がない方はねらい目です。

バンダイナムコ経理求人

ゲームやおもちゃで有名なバン◯イの経理求人です。必要な経験が日商簿記1級や税理士試験科目合格者、税務申告経験となっています。税理士事務所で経験を積んできた方がねらい目です。

リクルートエージェントに登録する事で次のようなメリットがあります。

リクルートエージェントに登録したらどんなメリットがあるの?

【リクルートエージェントメリット】

非公開求人の紹介
あなたの職歴の強みを探してくれる
職務経歴書や履歴書作成のアドバイス・添削
職務経歴書作成ツール「 レジュメNavi 」使い方を具体的にアドバイスもらえる
選考ポイント、社風まで分かる「 AGENT REPORT 」の冊子がもらえる
現在の転職市場の動向が聞ける

非公開求人は、Web上で検索閲覧できません。登録する事ではじめて紹介されます。非公開という事も有り、年収や福利厚生がしっかりした会社が多いです。キャリアアドバイザーに自分の職歴の強みを客観的な立場でアドバイスをもらえるのがメリットになります。

転職サイトで転職活動していて、いっこうに書類審査が通らず自分の何が足りないのか分からず転職活動が長期化する人が多くいます。そのような人は、転職エージェント会社に登録してキャリアアドバイザーに職務経歴書の書き方のアドバイスを求めた方が良いです。「レジュメNavi」は、職務経歴書を画面に従って登録していくことでカンタンに作成する事ができます。 私も使った事があるのですが、「職務経歴書の作成ってこんなに簡単だったんだ」って感動した覚えがあります。

「AGENT REPORT」は、職務経歴書作成や面接対策をする時にかなり使えます。求人会社がどういう選考ポイントでどういう企業体質なんかが書いてありますので、選考ポイントを考慮した職務経歴書や面接対策をすれば採用の確率は上がります。

面談では「現在の転職市場が売り手なのか?」であったり、将来の転職市場動向も聞くことができるので、在職中で将来転職を考えている方は参考に聞いておくと「いつ現在の会社を辞めたらいいのか」参考になると思います。

何事においてもそうですが、トップの所に優良な情報や条件の良い情報が集まります。自分が登録なんて、無理とか思わず、とりあえず登録してみてキャリアアドバイザーに相談してみるのが良いと思います。

大手でNO1だからと言っても、すべて良いわけではありません。次に、リクルートエージェントのデメリットについてみていきます。

業界NO1ならではのリクルートエージェントデメリットについて

大手という事もあり、登録者はやはり多いです。年間で2万3000名以上が転職を実現しています。その多さ上、対応が事務的だったという声や、他の登録者の比較でスペックが低いと判断したら対応が雑にされたなどの声があがっています。

頻繁に連絡をくれるのはいいですが、それが「 ウザく 」感じる事があったが、それが行動に繋がり転職に成功できたという声もあります。

転職エージェントの仕組み上、スペックの高い登録者(年収が高い人)が優先されるのはしかたがありません。なぜなら、エージェント会社に入る報酬は、採用された人の年収の約30%だからです。

雑な対応を受けない為には、自分のスペックを上げるか、又は他のエージェント会社(スペックが低い方に優しい)の登録を検討するしかありません。TOEIC700点以上かどうかで、優良求人の紹介するかどうかを決めていますので、登録して相手にされなかった等のネガティブな評価をしている人はTOEIC700点以下だった可能性が高いです。

メリットとデメリットを考慮した上で、リクルートエージェントまとめ

職歴がない方は、登録はしない方が良いです。職歴としては、一般の社会人であれば最低3年、第2新卒の方は、職歴として1年はあった方が良いです。リクルートエージェントは、全職種対応の総合型のエージェント会社です。経理の職種においても、新卒時では到底応募すらもできなかった大手企業の経理求人が多くあります。

転職エージェント会社は、他にもたくさん有りますが、実績のある会社に登録するべきです。実績があるという事は、転職成功のノウハウが会社で蓄積されているからです。メリット、デメリットを総合的に判断すると、登録する価値のあるエージェントだと言えます。

リクルートエージェント転職支援サービス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*