経理未経験で経理のしごとに転職したい時に悩む、資格と年齢のバランス

経理転職_年齢_資格

経理のしごとに採用される為に、資格の勉強の為だけに年月が過ぎていくのは良くありません。それなら、今すぐにでも若さという年齢を武器に転職活動をした方が良いです。

35才男性経理の資格無し、一般事務経験はあるが経理未経験のケース

上記のケースでの経理への転職活動は困難を極めます。35才と言うと、中堅管理職に就いていて、主任または係長ぐらいになっていてもおかしくない年齢です。

経理の業務は、1年もすればある程度理解できます。役職無しのメンバーの間の経理のしごとは、基本的に同じことの繰り返しが多いです。しかし、主任→係長とあがっていくにつれて、業務フローの見直しや銀行や監査法人との折衝などが増えていきます。これを見越した上で、何を自分の武器として、面接官や職務経歴書にアピールさせていくか、これを次に考えていきたいと思います。

「経験がないと難しい」と言われている経理で経理未経験者がアピールすべき事とは?

求人票でよく見る「 求める人材の条件 」としてある「 コミュニケーション力 」に注目したいと思います。傾向として経理職に就く人は、 周りを巻き込んで業務推進をするよりも、一人でコツコツ仕事をしたいと思っている人が多いです。

そこで、35才の転職者がアピールするべき内容としては、コミュニケーション能力が高そうだと面接官に印象付ける必要があります。今まで仕事をしてきて、自分が発信者として周りを巻き込んで実績を上げた内容を言語化しアピールできれば、他の転職者との差別化を図る事ができます。

実務経験ないなら、年齢若さで勝負!

コミュニケーション能力がない。自分発信で周りを巻き込んで実績を上げた事もない。それでもどうしても経理職で働きたい、その場合はどうしたらいいのか?この解決方法としては、複数の転職エージェント会社の活用、最低2社は登録したい所です。

経理未経験からの経理正社員転職に強いエージェント会社[厳選2社]

今、現在が「 自分が一番若い年齢 」です。色々考えてしまい、動けなくなる事もあるでしょう。しかし、行動しないと現実も動き出さないという事も今一度認識し、受け身の転職では無く攻めの転職で経理職を勝ち取る意識で動くべきです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*