求人票にある経理と総務兼務、応募しても大丈夫?

経理と総務兼務って大丈夫?

中小企業の求人票を見ていると、経理と総務兼務の求人をよく見ますよね。「経理の仕事をしたいのに、総務もやらないといけないの?」って思ったりする方も多いんじゃないでしょうか?

「キャリアプランとして、経理一筋で行くのか?」 それとも「経理と総務ができるジェネラリストの道を行くのか?」どちらがいいのか考えていきます。

転職先が、経理と総務兼務の場合のメリット、デメリット

経理と総務兼務の場合のメリットとしては、経理職種だけでなく幅広く経験が積めるので将来転職する時の選択肢が拡がる事が挙げられます。

中小企業では、経理の仕事と総務の一部を兼務する場合が多いです。経理しかできない人材だと、決算締めまでの実務経験がないと転職する時、苦労します。

経理と総務をバランスよくできる人材は、上場準備企業への転職に有利に働きます。

転職先が経理業務のみの場合のメリット、デメリット

転職先が経理業務のみだと、ムダな雑用をしなくていい事が挙げられます。総務って、会社全般のあらゆる事に対処する部署ですので、雑用とかも企業によっては多くあります。

経理業務のみのメリットとしては、経理業務を深く追求する事ができる点があります。キャリアプランとして、経理専門でいくと決めた方であれば、決算締め・税金計算・連結決算業務等の深い知識を身につければ経理のキャリアアップができます。

つぶしが効く「経理・総務兼務」、「経理特化で一点突破!」どっち?

自分のキャリアプランによって、「経理・総務兼務」、「経理特化で一点突破!」どちらがいいのか変わってきます。 自分の可能性をひろげておきたい方にとっては、経理・総務兼務は魅力的です。しかし反面、中途半端の総務経験しかない場合だと、それがかえってマイナスに働く事もあります。

総務の経験を積むのであれば、履歴書にかけるような経験を積む必要があります。履歴書にかけるような経験ですが、給料計算や保険関係に強いと評価されます

経理専門の場合のメリットとしては、転職時に一貫性をもって経理の経験を積んできたと言える点です。実務経験期間にそった経験を積んでいるのであれば、年収upも比較的容易にできるでしょう。

デメリットとしては、年齢にそった実務経験が浅い場合、将来転職時に苦労します。しかし、経理は会社数だけ必要な職種でありますし、資格を取っていく事で自分の価値をどんどん高めていけるので次のステップがわかりやすいので、努力できる人には向いている職種だといえます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*