転職回数が多いといけないみたいだが、多く会社の経理のやりかたを知っている方が良いのではないか?

転職回数が多いといけないみたいだが、多く会社の経理のやりかたを知っている方が良いのではないか

よく、転職回数が多いとマイナス評価になると聞きます。なぜでしょうか? 経理の職種上、たくさんの会社の経理業務プロセスを知っている人材は、不要なのでしょうか?

経理職は、会社の機密情報を扱っている重要部門、信頼できる人を求めている。

経理は、他の職種とは違う特別な性質があります。経理の元帳を見ると、会社で過去から現在までどのような取引があり、お金が動いてきたかがまるわかりです。 また現在、会社でどのような動きがあるのかが分かります。

不動産取引等重要な取引も分かってしまいます。 そのような機密情報を扱う部署ですので、そこで働く人物は信頼できる人物であるかが重要になってきます。

意味のある転職を繰り返している人であれば、高評価につながる。

転職時にプラスの評価を得るには、一つの会社に最低でも3年、できれば5年は在籍しておきたいです。経理は特に、実務経験が見られるので短期間での離職はマイナスにつながります。

例えば、30才で転職する時、転職回数は2回までであれば許容されると言われています。

「意味有る転職」とは、年齢に沿った実務経験が積めない会社で働いているならば、転職を考えることは意味ある転職といえます。

現実として、経理部署の年齢構成で、ここ数年間は今の業務の繰り返ししか経験できないという事はありえます。 そうであるならば、転職支援サービスや転職サイトに登録して将来に備えるのも良いかと思います。

【経理の転職を考えているなら転職エージェント「デューダ」がおすすめ】
転職ならDODAエージェントサービス

ブラック企業から大手企業までたくさんの経理求人がある「リクナビNEXT」
転職サイトならリクナビNEXT

転職回数多い方が良いの?それとも、少ない方が良いの?どっち!

現在の転職市場において、転職回数が多いのはマイナスに働いてしまいます。 たくさんの会社の経理業務プロセスを知っている人材は、たしかに必要です。しかし、それは、税理士や公認会計士の資格を持ち、実務経験でたくさん会社の監査業務や税金申告業務を携わってきた人材です。

中途半端にたくさん会社の業務プロセス見たいが為に、転職を繰り返してきたというのは説得力に欠けます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*