経理の転職について どんなスキル・どんな業務ができれば転職に有利ですか

経理転職評価高いスキル・業務

経理業務は、会社の規模によって業務内容がかなり違ってきます。今回は、零細企業から上場大企業までの経理スキルについて5つの区分でわけて、どんなスキルを身につけていったらいいのかを紹介します。

  1. 一般事務・営業事務レベル
  2. 月次補助( 売掛・買掛 )レベル
  3. 月次決算補助レベル
  4. 月次決算レベル
  5. 月次・四半期・年次決算レベル

経理の初歩の一般事務・営業事務レベル

経理に携わる人であれば誰もが通る最初の道となります。経理で一生やっていく人と決意している人は、なるだけ若い年齢で経験しておいた方が良いでしょう。スキルと業務内容は下記となります。

『スキル』

  • PCスキルは高水準
  • テンキー入力が早い
  • 他の事務経験者
  • 簿記の基本的な流れは理解している(日商簿記3級)
『業務内容』

  • 現金出納(小口現金含む)
  • 旅費等・経費精算
  • 受注出荷業務
  • 請求書発行業務
  • 入出金伝票作成
  • パソコンバンク(FB)を使って銀行振込処理

ここまでの経理実務経験者が多い、月次補助レベル

経理の転職市場において、最も多いのが月次補助レベルの人材です。会社によって任される経理業務は違ってきますが、経理経験が1年~3年ぐらいです。

『スキル』

  • 他の事務経験1年以上
  • 日商簿記検定2級
  • EXCEL中級以上(vlookup等関数使用できる)
『業務内容』

  • 預金管理(手形、小切手振出処理)
  • 売掛・買掛金管理(消し込み)
  • 入出金伝票作成・会計ソフトに入力
  • 消費税区分判断できる

経理ハイキャリアの登竜門、月次決算補助レベル

月次決算補助レベル実務経験があれば、高年収が期待できます。会社を退職して、転職に臨んでも多くの求人があります。

ここまでの実務経験を積むのに、一般的に3年~5年はかかります。

『スキル』

  • 月次補助経験
  • 日商簿記検定1級
  • 英語(TOEIC500以上)
『業務内容』

  • 手形・小切手管理
  • 資金収支、残高管理表作成
  • 関係会社間取引の伝票作成
  • 固定資産管理補助
  • 給料計算・社会保険等手続き

経理の業務推進を引っ張っていける月次決算レベル

実務経験としては、経理の管理職も十分狙えます。経理部門全体の業務推進を推し進めていけるスキルはあるので、後は会社特有の企業体質の理解、他部署との関係、経営陣との意思疎通ができれば管理職も近いと言えるでしょう。

『スキル』

  • 月次決算補助経験
  • コミュニケーション能力
  • 係数管理能力中級
  • 税務への理解
『業務内容』

  • 資金収支、残高管理表チェック
  • 事業所・関係会社間取引取引チェック
  • 銀行借入・折衝
  • 月次決算整理伝票作成
  • 原価計算

経理部門の管理者になれる、月次・四半期・年次決算レベル

ここまでできれば、経理のすべての業務をこなせるスペシャリストな人材です。転職においても、困る事はないです。後は、管理者として、経理の業務推進を図り、他部署との調整や経営陣との調整役、全体の取りまとめが求められるレベルです。

『スキル』

  • 月次・年次決算経験
  • 係数管理
  • 税務申告書類作成
  • 連結財務諸表作成
  • 会社法に基づく財務諸表作成
『業務内容』

  • 未収・未払等経過勘定処理
  • 会社法に基づく決算書類作成
  • 財務諸表等規則に基づく資料作成
  • 連結財務諸表作成
  • 子・関連会社連結財務諸表作成
  • 資産購入・売却・除却処理
  • 減価償却手続き
  • 各種税務申告
  • 予算策定作業
  • 予算・実績管理

どんなスキル・業務ができれば転職に有利なのか?

経理の転職は、より好条件の会社ほど、実務経験がシビアに見られます。より早い年齢で、経理業務を広く深く経験しておくのがベストと言えるでしょう。大企業に在籍していた人ほど1つの経理業務を狭い範囲でしか経験していないことがよくあります。

例えば、手形の管理や銀行の振込手続きを何年もしていたなどです。一方、中堅企業の経理をしていた人は伝票作成から決算締めまでを「一人、一会社」でやっている人が多く、転職市場において、そのような経験は高評価を得られる場合が多いとエージェントの人から聞いた事があります。

では、どのように実務以外で経理のスキルをアップしていけばいいのかをご紹介します。

経理のスキルアップの具体的方法(資格編)

経理の資格を取るっていうのが一番わかりやすく、転職時に履歴書に書けます。どんな資格があるのか、下記を見てください。

  • 日商簿記1級
  • 日商簿記2級
  • TOEIC700点以上
  • 税理士試験科目(簿記論・財務諸表論・法人税・所得税・消費税法)
  • 公認会計士短答式試験合格
  • 公認会計士論文式試験合格
  • 法人税法能力検定(1級~2級)
  • 所得税法能力検定(1級~2級)
  • 消費税法能力検定(1級~2級)
  • 法人税法能力検定(1級~2級)
  • コンピュータ会計能力検定(1級~2級)
  • 電卓計算能力検定

日商簿記1級について

簿記の検定試験では一番むずかしい資格です。日商簿記1級の知識は、大企業で経理をする場合に役にたちます。合格にするには、半年から1年ぐらいかかります。合格率は10%前後です。

日商簿記2級について

転職時に評価されるのが日商簿記2級からです。(3級は評価されません)基本的な簿記一巡が理解できているという証になります。合格にするには、3ヶ月から半年ぐらいかかります。合格率は30%~40%です。

TOEIC700点以上について

転職エージェントで有名なリクルートエージェントでは、優先して良い求人を紹介する線引としてTOEIC700点以上あればとなっています。また、外資系会社の会社に転職したい場合や大手企業に転職したい場合、TOEIC700点以上取れていれば採用される可能性を上げる事ができます。

現在400点台ぐらいと想定して、700点を取るには600~1000時間必要と言われています。経理のキャリアアップを狙う場合、一番オススメできるのがTOEIC700点以上を目指す事です。

税理士試験科目(簿記論・財務諸表論・法人税・所得税・消費税法)

税理士試験の1つ1つの科目の勉強する量は膨大です。税理士試験科目の中で一番評価されると言われているのが「法人税を合格する事」です。法人税の知識があると税務申告に必要な書類を作成することがだいたいできるようになります。

次にオススメなのが、消費税の科目です。消費税の知識があると仕分けをする時に消費税区分も考慮してできるので正確な仕分けができるようになります。

公認会計士短答式試験合格

短答式試験は、4つ科目(財務会計論・管理会計論・監査論・企業法)で70%以上取得したら合格となっています。合格するレベルにもっていくには、1年半から2年ぐらいしっかり専門学校(TAC・大原)の教材で勉強する必要があります。

監査法人の採用に関しては、短答式試験合格者の枠があります。他の一般企業においても、高い評価を得られます。

公認会計士論文式試験合格

論文式試験に合格して一定期間の実務を得て試験に合格してはじめて、公認会計士という資格を取る事ができます。会計の最高峰の資格ですので引く手あまたで高待遇で採用されます。

法人税法能力検定(1級~2級)

全国経理教育協会が主催している検定試験です。知名度は低いですが税務資格で履歴書に書ける資格です。法人税の仕組みや計算が資格の勉強範囲です。税理士試験の税務科目の合格はかなり難易度が高いですが、この資格の合格率は7割を超えていてしっかり勉強すれば合格できます。

所得税法能力検定(1級~2級)

全国経理教育協会が主催している検定試験です。こちらも知名度は低いですが取得税の基本的知識があると証明できる資格ですので、保有していると一目を置かれることがあります。

消費税法能力検定(1級~2級)

全国経理教育協会が主催している検定試験です。こちらも知名度は低いですが、仕分けをきる時の課税の取扱であったり、消費税の仕組みを勉強できますので実務に直結する資格です。

コンピュータ会計能力検定(1級~2級)

企業で実際に利用している会計ソフトを用いた検定試験です。会計ソフトは、日常的に使用するので、実務で活かせる資格です。

電卓計算能力検定

電卓を使いこなせる能力を証明する資格です。日計表で貸借を合わせるのに電卓をよく使います。1枚1枚の伝票の金額を足したり、引いたり、一時的保存したりといった電卓の機能を使いこなせる事で業務効率を上げる事ができるので実務で活躍できる資格です。

経理のスキルアップの具体的方法(一般書籍編)

一般書籍を読むことで会計の教養を高めたり、資格のテキストでは難しい表現で理解できなかったことが一般書籍だと誰でも理解できるように書いてあります

資格の勉強で行き詰まった時や資格の勉強をする前に軽く読んでおくと資格のテキストに書いてあることが理解しやすくなったりします。

下記がオススメの経理の一般書籍です。

貸借対照表の「純資産の部」を誰でも分かるように解説されている本

貸借対照表には資産・負債・純資産と3つに分かれています。その中で純資産の部が一番理解しにくく、いきづまるところですので「財務3表一体理解法」の本を読むと純資産の部の理解しやすくなります。

財務3表一体理解法

KDDIという通信会社をつくった稲盛和夫さんが書いた本

経営者の視点で、経理が作成した損益計算書や貸借対照表の勘定科目には、重要な科目とあまり重要でない科目があります。経営者がどの数字を注意して見ているのかや会社の中での経理の存在意義を経営者の観点で書いてあります。経理の教養を高めたい方にはオススメの本です。

稲盛和夫の実学―経営と会計

財務書類の数字がどのようにして作られていくのかをマンガで分かる本

損益計算書や貸借対照表の数字を見ているだけでは、何がどうなっているのかイメージしにくいですよね。それをマンガで書いてあるのが下記の本です。文字だけで理解するのが苦手な方にオススメです。

マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本

経理のスキルアップまとめ

転職時に一番見られるのが実務経験、次に資格、そして経理の教養です。経理という仕事を多角的に言葉で表すことができるようになると自己PRや面接で面接官に分かりやすく経理の教養を伝えられるようになるので他の転職者と差別化でき採用されやすくなります。

働きながら資格の勉強するのは大変です。長期的な視野にたって、コツコツ勉強していきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*