経理の職務経歴3年、仕訳のコンピューター入力から元帳作成、 試算表作成までしかやっていない私が転職できるのか

試算表作成までしか経験ない

現在、不動産会社に勤める30才の女性で経理の職務経歴3年、会計ソフトに仕訳入力し、元帳・試算表作成までの実務経験があります。このような、実務経験者が転職市場にはたくさんいます。どうやって、転職を実現させる方法があるか探ってまいりましょう。

経理の転職においては、見られる点は下記です。

  • 求人企業が求めている実務経験を満たしているか
  • 経理部署の年齢構成に合う人材か
  • この人材が、経理部署内の人達とうまくやっていける人間か

実務経験を最重要チェック項目になっている

中途採用では、新卒とは違って伸びしろがあるから採用とはいきません。
業務推進の為、戦力になる人材を求めていますので、実務経験が見られるのは当然となってきます。

経理職においては、その傾向が特に強いです。経理は、会社によって業務内容の幅が広く、会社の規模が大きくなるにつれて業務量は過大になっていきます。経理業務といっても、下記の様に様々な業務があります。

  • 月次までしか経験がない
  • 決算を締める事ができるのか
  • 税金の申告業務までこなせる
  • 有価証券報告書作成経験がある
  • 連結財務諸表作成経験がある

経理部署の年齢構成のバランスがある。

求人企業が採用を行う場合、その部署の年齢構成のバランスを見ています。
ですので、転職者の年齢も重要なチェック項目となってきます。一概に年齢が若いから有利とかではなく、企業によってはある程度の年齢の方を求めている場合もあります。

転職では、なるだけ多くの企業と出逢った方が良いです。どんなに、優秀でハイスペックな方であっても、求人企業が求めているスペックとズレていれば落とされます。あまりスペックが高くない方でも、行動量を増やしていけば優良企業に出逢える事は多々あります。

転職者が、経理部署内にうまく溶けこめる人間か見られている。

第1次面接で経理部長や次長が面接官として出てくる事が多いです。これは、部署内にうまく溶け込んでくれそうな人材かどうかを見極めています。

また、この人物が実務経験がどれぐらいで、実際に戦力になってくれそうかどうかを、職務経歴書を見ながら質問していきます。

それで、「戦力になりそうだな」と納得ができれば、第2次面接へ進めていきます。

30才女性,経理職務経歴3年、仕訳入力・元帳・試算表作成までの実務経験転職可能かについて

石の上にも三年と言う、一定の職務経歴を満たしています。また、試算表作成という事は、月次までの実務経験が有るという事ですので、経理実務の基礎は理解できている人材だと評価されるでしょう。

さらに、プラスの評価を得たいのであれば、日商簿記検定2級は取得しておいた方が良いです。なぜなら、実務経験は3年で裏付けされていますが、理論的な部分で日商簿記検定2級を取得していると理論的な裏付けもされます。

後は、履歴書や職務経歴書作成の対策をしっかりする事です。

作成の仕方が分からないのであれば、転職エージェント会社に登録して、職務経歴書等の書類作成の仕方をアドバイスを受けるのが良いです。

転職書類作成をしっかり行い、積極的に面接に臨んでいけば十分転職可能だと言えます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*