転職情報を効率的に集める方法について

転職の情報の効率的な集め方

転職情報の集め方って、「新卒以来でどうしたらいいんだろう」って思う方が多いと思います。高校や大学の時では、卒業の際は進路相談を行ってくれます。

社会人になると、自分で主体的に動かないと誰も助けてくれません。

現在の転職情報集める主流は「転職エージェント会社」に登録

では、どのようにすればいいかと言えば、一番効率的なのが「転職エージェント会社」に登録する事です。転職エージェント会社は世の中にたくさんあります。

登録するべきオススメ転職エージェント会社の記事

なぜ、転職エージェント会社に登録すると、効率的に転職情報集める事ができるのかと言うと、転職を成功させる為にプロとして働いてるキャリアコンサルタントとの面談で旬の転職情報が得られるからです。現在の転職の仕方として、転職エージェントに登録しておこなうというのが一般化しています。大手企業や優良な企業もこぞって、転職エージェント会社で人材を探しているのが一般化しています。この流れというのは、今後も続いていくでしょう。

キャリアコンサルタントの面談が嫌な人は、転職サイトで転職活動しよう。

転職サイトといってもたくさんあります。大手で言えば、「 リクナビnext 」、「 DODA(デューダ) 」女性専門の転職サイトで有名な「 Woman Will()ウーマンウィル 」等があります。転職サイトのメリットは、ネットで簡単に登録ができて、求人にも申し込みができる所にあります。

キャリアコンサルタント等の人とのやりとりが面倒だと考える方は、登録をオススメします。登録すると、メールで求人を出している企業からオファーがあったり、転職に役にたつ情報をメールで届けてくれます。

ハロワークで転職先を探すデメリットについて

ハロワークの求人内容は、転職エージェントの求人票と比べて質が悪いです。求人を出している企業がブラック企業常連であったり、年収も低い事があげられます。

昔ながらの企業ではハロワークという流れはまだあります。この中に以外とお宝の求人って事もありますが、かなり低い確率でしょう。それよりも、転職エージェント会社に登録して転職活動した方が良い企業と巡り会えるでしょう。

ハロワーク活用法としては、職業訓練や給付金 申請でお世話になります。

職業訓練は、お金を貰いながら仕事で必要なスキルを学ぶ事ができます。職業訓練訓練の講座では、経理実務講座や、パソコンofficeソフトウェア講座、福祉・介護の資格取得を目指す講座等、本来はお金を払って学ぶものが、職業訓練としてお金を貰いながら学べるのがお得です。

転職情報集め方まとめ

転職情報を集める方法として、まずやる事が「 転職エージェント会社 」登録してキャリア コンサルタントとの面談で情報を獲得しましょう。ネット上で転職情報を集めるには、「 転職サイト 」に登録するのも良いです。その他、退職の手続きでハロワークに書類の提出が必要になるので、職業訓練や求人票をざっと見てみたらいいと思います。後、本屋に行くと雑誌で転職に関する情報を集める事ができますのでオススメです。

転職は、情報戦という面もありますので、情報集めは欠かせないと言えます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*