経理未経験で31才男性が転職に成功するために必要なたった一つのこと

男性経理未経験転職

31才男性が現在の転職市場状況、自分自身の転職市場価値を考慮せず、会社を辞めてしまい無職期間が2年ある状態で、どう経理のしごとを探していくのか考えたいと思います。

経理の転職は、経理の実務経験がないと転職は困難を極めます。しかし、まったく可能性がないかと言うとそうではありません。

退職後の事を考えず、先走りして退職どうする?

在職中でなんとなく働いていると、「 隣の芝生は青い 」と考えがちです。どこか今の会社ではなく、自分に合う会社があるんじゃないかと!

今の会社を思い切って辞めたら、「 なんとかなるんじゃないか 」。そう思って退職したら、そんなに甘くはなかった。このようなケースはよくある事です。

それでは、先走りして退職してしまった場合、どうするのか?

まずは、一人で悩まず第3者の意見を聞くべきです。どうしても、ちょっとうまくいかないと、家で閉じこもりがちになったり、ネットで1日中ネットサーフィンしてしまい、時間だけが過ぎさってしまう事があると思います。

第3者とは、転職エージェント会社が良いです。なぜなら、求人情報は、エージェント会社が保有しており、非公開求人は登録しないと紹介をされません。

会計ソフトやエクセルの勉強、資格よりも大切な事とは!

よく、転職を成功させる為に、あれこれ勉強して準備を整えてからしようと考える人がいます。これは、転職期間が長引かせます。転職を成功させるのに、資格は絶対条件ではありません。

中には、応募条件として求人票に資格の記載があるケースがありますが、それよりもエージェント会社に登録して、紹介を受けた会社にどんどん応募した方がよいです。

転職でうまくいく時って、その面接官との相性であったり、転職先の会社の求めている人物像とタイミングがマッチした場合が多いのが現状です。

しかし、必要な努力もせず、ただ数をこなしたらいいと言うことではありません。

経理は「資格+実務経験」それがないなら、やるべき事は一つ

経理職は実務経験がないと相手にされない、これは事実である場合もありますが、必ずしも実務経験が全てではありません。

あえて、実務経験がないまっさらな人材を求めている会社もあります

実務経験がかえって、じゃまになるケースがあります。まっさらの人の方が素直にその会社の経理フローを覚えれるからです。

転職を成功させたいなら、知識の吸収よりも信頼できるエージェント会社に登録した上で、キャリアアドバイザーから色々アドバイスをもらいながら、たくさんの会社に応募していく、これが転職成功の一番の近道です。

色々考えてしまい動けない状態であるよりも、現実を変える為の行動が必要です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*