経理未経験で経理転職希望、在職中に転職活動それとも退職後に経理の派遣につくべきか?

在職中に転職活動_退職して派遣で経験

今の仕事が自分には合わない、経理のしごとに転職したい。でも、経理未経験でどう転職活動していけばいいのか分からない。

「在職中に転職活動を始めるべきか?」、それとも「退職して経理の実務経験が積めるしごとを探すべきか?」、このようなケースで悩んでいる方が多いです。

そこで、私自身も経理の未経験で転職活動した経験がありますので、どのように行動していったらいいのか紹介したいと思います。

在職中に転職活動するパターン

在職中に転職活動するメリットは、3つあります。

精神的負担が少ない
生活費確保できる
転職先企業を慎重に調べれる

退職した状態での転職活動は、3ヶ月以内に転職できないとマイナスの評価が受けます。3ヶ月を過ぎても転職がうまくいかなかったら、どんどん精神的にきつくなってきます。

「自分は、社会には必要とされていないじゃないのかな?」って思ってしまう人もいます。

在職中の転職活動だと給料はちゃんと入ってくるので生活費に困ることはありません。退職してしまうと収入がないので生活費は、貯金でまかなっていく必要があります。転職活動の長期化すると資金もどんどん減っていき、待遇が悪く採用されやすいブラック企業に転職になってしまって、結果的に自分を安売りした転職に終わってしまう人も多くいるのが現状です。

在職中に余裕をもって、良い求人があれば応募するというスタンスで半年から1年かけてゆっくり転職活動していくことで後悔のない転職ができます。

退職して経理の派遣をするパターン

「今の仕事をやってるなんて無駄だ!!」と思い、経理の実務経験が積めるアルバイトや派遣のしごとを探す人もいます。ジャスネットスタッフというエージェント会社は、経理に特価したエージェントなので派遣求人を多く保有しています。

このようなエージェントを活用して大企業の経理職に紹介予定派遣として潜り込み、そのまま派遣→正社員へ登用されたケースも多くあります。

在職中の転職活動?or退職して転職活動?まとめ

在職中の転職活動であれば、半年から1年かけてじっくりするのが良いです。退職して転職活動すると決意したのであれば、エージェント会社に登録して3ヶ月以内に転職できるよう、短期集中で動く必要があります。

あれこれ考えていても、何も前には進みません。どちらにしても、転職するには行動あるのみです。一歩踏み出す勇気があれば、自分がみえている景気を一変させる事ができます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*