リクナビnextに経理実務経験3年男性で登録、プライベートオファーが13件届いた

リクナビNEXT_プライベートオファー

転職サイト大手で有名なリクナビnextに、経理実務経験3年32才で登録してみました。

リクナビnextに登録しなくても、サイトに掲載されている求人を見ることはできます。
気に入った求人が有り、応募をする際にはリクナビnextへの登録が必要になってきます。

ざっと、経理求人を見てみたんですがさすが転職サイトNO1です。超有名大手企業の求人がザクザクありました。

リクナビNEXT ネクス子

どういう求人があるのかというと、

日本で一番有名自動車メーカー〇〇タ
誰もが知っている大手建設会社〇〇工コーポレーション
新サービスを展開しているこれから急成長しそうな会社
経理求人の会社形態は下記です。
  • 中小企業
  • 監査法人
  • 税理士法人
  • 大手企業

大手転職サイトと言えば「リクナビnext」という事も有り、閲覧している人が多いです。よって、競争倍率も高いのが現状です。リクナビnextのかしこい利用方法とは、在職中の方なら良い求人があったら積極的に申し込みをし半年ぐらいかかってもいいぐらいのスタンスで良いと思います。

今すぐに転職したい方は、転職エージェントに登録した方が転職活動のスピードアップはします。後はスカウト機能を利用することです。

スカウト機能の為に、リクナビnextに登録しオファー求人がきて良い求人だったら申し込むというスタンス

スカウト機能とは、職務経歴や転職希望条件などを登録しておくと、求人企業や転職エージェントから直接オファーが届くサービスです。

スカウト機能は直接自分にオファーが届くので、サイトに直接掲載されている求人と比べて競争率が低いです。そして、求人の質もサイトに掲載されているよりも比較的高めであることが多いです。

実際、私の友人k氏(経理実務経験4年)でリクナビnextから、スカウト機能で大手税理士法人と上場企業の経理スタッフの求人に応募し転職しています。 また、スカウト機能は求人オファーだけでなく、転職エージェント会社からもオファーが来ます。

リクナビnextはリクルートの系列なので、リクルート系列のエージェント会社からもオファーがきます。リクルート時代に担当していた営業担当が独立して起ち上げたエージェントですので、多くの独占求人を保有している場合があります。スカウト機能に登録していたらそのようなエージェントからもオファーがくるので転職活動の幅を広げることができます。

個別のエージェント会社は、独自の求人案件をもっており書類選考に通りやすいというメリットがあります。個別エージェント会社の代表と求人企業の人事がパイプが強く、転職者のスペックが条件に満たしていない場合であっても、内定を得られたという口コミをよく聞きます。

リクナビnextとエージェント会社の支援サービス両方を活用すること

リクナビnextは、毎週水・金曜日が求人の更新日となっています。 2018/08/20の時点で見てみると、経理・財務の新着求人が408件アップされていました。 更新日にあなたの気になる求人をチェックすることをオススメします。

気に入った求人がない場合においては、スカウト機能に登録してオファーを待ちながら、転職エージェント会社の支援サービスに登録することをオススメします。登録する価値がある転職エージェント会社は、経理の転職では最初からこの3つのエージェントにしておけばよかったと後悔してます!を参照して下さい。

リクナビnext登録4日後には、プライベートオファーが13件届いた!

リクナビの登録の所要時間は、3分ぐらいでした。
5/11日に登録して、5/15日にはプライベートオファーが13件届いていました。
13件の内訳。

大手企業の経理求人6件
大手人材会社3件
リクルート系列人材会社3件
中小企業経理求人3件
大手税理士法人スタッフ1件

転職活動の可能性を拡げる手段としてリクナビNEXTを活用するのも有りです。

リクナビNEXTの登録はこちら

リクナビNEXT ネクス子

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*