経理の転職をデューダでする時に知っておきたい情報まとめ

経理転職デューダ情報まとめ

私は、経理の求人を探す時にデューダというエージェント会社をよく利用します。なぜかというと、TOEICで一定の点数がないと良い求人を紹介してくれないリクルートエージェントみたいなことがないからです。

また、デューダは求人先の企業に合う職務経歴書の添削をしっかりしてくれます。これから経理の転職をされる方はデューダのことをまとめましたので参考にしてください。

デューダにはどんな経理求人あるか徹底調査

デューダのサイトで経理求人を下記のカテゴリーで検索してみました。

  • 経理事務・財務アシスタント:1,510件
  • 財務-経理・財務・管理会計・内部統制:379件
  • 経理:357件
  • 神奈川県、経理・財務・管理会計・内部統制:2,516件
  • 経理 正社員 秋葉原:97件

どういう職種の人がデューダに登録して転職に成功しているのか?

デューダで転職に成功している人は、34才前後で会計系の資格の保持は関係ありません。TOEICに関してもデューダに登録している経理転職希望者は、未受験の方が約8割。高得点(TOEIC700点以上)が必要ということもないです。転職に成功している人の特徴が、実務経験をうまく職務経歴書や面接官にアピールできている人です。

性別は?

デューダに登録している転職希望者は、7割が男性、3割が女性です。デューダは女性に特化したWoman Career(ウーマン・キャリア)という求人情報サービスを展開しています。
女性の転職支援に力を最近いれてきています。

転職前と転職後の職種

  • 経理→経理(7割)
  • 経理・財務アシスタント→経理(約2割)
  • 金融業界→経理(1割)

※金融業界:銀行、証券会社、リース会社

dodaで転職した人の前職職

今、経理で働いている人の転職は7割が違う会社の経理職に転職します。
dodaで転職した人の職種

デューダに登録している経理の転職活動している人ってどんな人?

保持資格

経理の転職をする人って、日商簿記2級や1級けっこう持っているイメージでしたが、2級は26%、1級は5%しかもっていなかったとデューダは公表しています。この結果から考えてみると、転職するのに資格はあまり関係なく、実務経験が重要だと読み取れます。

以外なのがデューダに登録している経理転職希望者の約8割がTOEIC未受験とのことです。500点~799点が13%、800点以上が9%なのでTOEIC600点ぐらいもっていると外資経理案件の紹介もして。

転職回数

転職を1回もしたことがない人が40%、転職を1回したことがある人が25%で転職回数は1回までの方が6割超という結果、やはり転職回数は少ない方がよいですね。

転職後の平均年収は?

「経理の転職に成功した人がいくらの年収なのか?」を見てみると、総支給額で516万。デューダで紹介してくれる求人は、だいたい年収が500万以上だということですね。
dodaで転職した人の平均年収

転職に成功した人の年齢と転職希望者の年齢について

  • 転職に成功した人の年齢:34.1才
  • 転職希望者の年齢:38。8才

デューダに登録している転職希望者の43%が40才以上なのが衝撃的でした。実際に転職に成功しているのは34才辺りです。

デューダは経理に強いエージェントだと実際に登録して感じたこと

なぜ他のエージェントではなくデューダなのかというと、経理求人の量と質が良く、職務経歴書の添削や面接官へのアピールポイントをていねいに教えてくれるということです。キャリアアドバイザーの当たり外れはあるので、ハズレをひいた際は、他のキャリアアドバイザーに変えてもらうよう言った方が良いです。

転職支援サービスが充実している

職種に特化した合同転職面談会、キャリアプランのセミナー、各地域で転職フェア等も積極的におこなっています。私も、大阪の梅田の転職フェアに出席したことがあるのですが、ズラズラと日本の有名企業の人事担当者がブースに集まった転職希望参加者に説明していました。ここで顔を覚えてもらえれば面接もうまくいくかもしれません。

  • 合同転職面談会
  • キャリアセミナー
  • 転職フェア

まとめ

経理の転職でデューダを利用したらいい人は、40才前半までで実務経験がある人です。
資格や語学の保持は、あまり関係ありません。

エージェント会社の利用は、多くて3社。内訳は大手エージェント2社と職種特化の1社がベストです。
これ以上利用してしまうとキャリアアドバイザーとの連絡も雑になったりしますし、各エージェントの求人内容の把握だけでも大変になります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*